熟練の技術と独創的な発想から生まれたBubble90

株式会社ディージーセールスの節水ノズル「Bubble90」は、モノづくりの町・東大阪市で作られています。マイクロメートル単位の高精度で金属を切削・加工する技術力があってこそ成立するBubble90。その高品質な性能は、長年培われた匠の技と、独創的な発想の融合によって誕生したのです。

メディア掲載実績

これからの水資源の生産性向上に大きく貢献すると、各方面から高く評価いただいています。

2009年11月 2009年"超"モノづくり部品大賞(Bubble90/バブル90) 日刊工業新聞に掲載
2010年6月 日経産業新聞掲載 商経管材新聞掲載
2010年10月 日刊工業新聞に掲載
2011年11月 Bubble90[化学水栓]が日刊工業新聞に掲載
2011年12月 日経産業新聞
2012年1月 日刊工業新聞
2015年3月 TBSテレビ『がっちりマンデー』
2015年9月 フジテレビ『めざましテレビ』 , 読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』
2015年10月 ABCラジオ『武田和歌子のぴたっと。』
2015年11月 日経BP社『地方創生 実現ハンドブック』
2015年12月 日経BP社『未来を創るスゴいベンチャー101』
2016年7月 TBSテレビ『所さんのニッポンの出番』
国内・海外の展示会への出展

海外の展示会へも積極的に参加し、注目を集めています。Bubble90は、これまで目詰まりなどの問題で難しいとされていた、アジア・ヨーロッパ地域へも導入可能です。日本だけではなく世界も視野に入れた製品づくりにより、多くの人々の生活・環境へ地球規模で貢献したいと考えています。

2012年8月29日〜31日 東京ビッグサイトにてINTER-FOOD JAPAN 2012に出展
2015年9月2日〜4日 シンガポールにてBEX ASIA Singaporeに出展
2015年9月28日〜30日 シカゴにてweftec2015に出展
2015年10月7日〜8日 ラスベガスにてWater Smart Innovation2015に出展
2016年1月18日〜21日 アラブ首長国連邦アブダビにてInternational Water Summitに出展
  • INTER-FOOD JAPAN 2012
  • INTER-FOOD JAPAN 2012
  • INTER-FOOD JAPAN 2012
2012年5月22日 インテックス大阪にて第3回 関西省エネ・省CO2・コスト削減対策展に出店
  • 関西省エネ・省CO2・コスト削減対策展
  • 関西省エネ・省CO2・コスト削減対策展
  • 関西省エネ・省CO2・コスト削減対策展
2010年10月 ドイツ ミュンヘンにて国際見本市 「IFAT ENTSORGA 2010 国際上下水処理・廃棄物処理・再資源化技術専門見本市」 日本国ブースである「JETROブース」にて出展
2009年 メッセベルリン2009「水」専門見本市(3月) パリ展示会Pollutec(12月1日~4日) ドバイのテレビ局から取材 エコプロダクツ2009(12月10日~12日)東京ビッグサイト 徳島県ブース内
  • パリ展示会Pollutec

"超"モノづくり部品大賞とは?

モノづくり推進会議と日刊工業新聞社の主催する部品・部材のコンテスト。日本のモノづくりの強さを再認識し産業・社会の発展に貢献することを目的とした、「縁の下の力持ち」的存在である部品・部材に焦点を当てた顕彰制度です。現在では、「機械」「電気・電子」「自動車」「環境関連」「健康・医療機器」「生活関連」の6つの分野に、数多くの企業の製品が応募されています。候補部品は、審査委員会、各分野の専門家である審査アドバイザーによって厳正に審査されています。

どんな製品が選ばれるの?

"超"モノづくり部品大賞への応募には条件があります。部品・部材の開発、製品化が募集時から1年以内のもの、販売・納入実績があることに加えて、次のような要件を満たしていなければなりません。

独創的な発明で国内外で反響の大きかったもの  画期的な発明でなくとも、その後の研究改良により、頻度や性能などが世界最高水準に達しているもの  至難とされていた技術上の問題を解決し、わが国の産業技術の向上に著しく貢献するとみられるもの  産業・社会の発展に役立つ先導的役割を果たしているとみられるもの

Bubble90は2009年グランプリを受賞!!

当社の節水ノズル「Bubble90(バブル90)」は、2009年に"超"モノづくり部品大賞に応募。多くの有名メーカーがエントリーするなか、その独創性と技術力が評価され、栄えあるグランプリを受賞いたしました!

このページの先頭へ